Q&A

日頃、OEM化粧品に寄せられる質問などをまとめてみました。さらに詳しくはお気軽にお問い合わせください。

どのような化粧品アイテムができますか?
化粧水、美容液、ジェル、洗顔、クレンジング、乳化物(クリーム、乳液)などがあり、真空乳化釜及び攪拌機で作れるものであれば製造可能です。
原料の持ち込み(支給原料)は可能ですか?
原料の持ち込みは可能です。化粧品に配合できる原料の可否の確認、規格及び安全性の確認、それらを証明する書類が必要となります。ただし原料品質が不安定な時、ロットぶれがある時、安定した製品のお届けが困難になる場合があります。
また、原料素材を化粧品配合可能原料に加工することもできますので、弊社担当にご相談ください。
≫化粧品原料OEMをご覧ください。
現在使用している商品と全く同じ商品ができますか?
全て同じ成分でテクスチャーを近づけることは可能ですが、製造設備や作業工程が違うだけでもテクスチャーに違いが出ることがあります。
ロット(数量)はどれくらいからですか?
特に最低ロットは定めておりませんが、目安として「1,000個」程度をお考えください。もちろん小ロットご要望の場合でも対応可能です。製品仕様やコストへの影響がありますのでご相談ください。最善な手段をご提供いたします。
試作品は有料ですか? また、試作回数は限られていますか?
基本的には処方確定まで、何度試作しても費用はかかりません(一部、特殊原料使用の場合除く)。また、発売前にサンプルを100個程度必要な場合、有償サンプルとしてお渡しすることも可能ですのでお気軽にご相談ください。
容器の手配、印刷や着色、パッケージ等はしてくれるのですか?
包装資材のご用意も可能です。ご要望に合った容器をご用意します。また、基本的に印刷は1,000本からになり、着色は3,000本からとなります。容器によっては印刷・着色ともに1,000本から可能なものもございます。
デザインは弊社から外部委託して作成することが可能です(初期費用として容器版代、パッケージ版代、型代、デザイン費用が必要となります)。また、お手持ちのデザインがある場合、そちらを使用することも可能です。
納期について教えてください。
処方、数量(ロット)により異なりますが、容器、パッケージ等資材が揃ってから目安として約1ヶ月です。お急ぎの場合は、ご要望納期に対応できるようスケジュールを調整も可能です。
余った容器・資材等は御社で在庫してもらえますか?
化容器・資材関係の在庫は、原則として発売元様で管理して頂くようお願いしています。
チラシ、リーフレット等の販促物は制作してくれますか?
原則として販促物の原案は発売元様で制作して頂くようお願いしておりますが、原案の薬事法、景品表示法等について、ご相談は承りますのでお気軽にご相談ください。